• 浸潤麻酔と伝達麻酔の注射

    浸潤麻酔伝達麻酔

    注射が苦手という人は多いと思いますが、歯医者の麻酔の注射が苦手という人は特に多いのではないでしょうか。

    歯医者で行う麻酔の注射には、主に浸潤麻酔と伝達麻酔の2種類があります。

    1. 浸潤麻酔は通常の虫歯治療で行う歯茎にちくりと打つタイプで、歯医者で行う注射のほとんどはこのタイプです。
    2. 伝達麻酔は神経の根元に打つタイプで、歯科では下顎の親知らずを抜くときに行うことが多いです。

    虫歯が酷い状態だったり下顎の奥歯や親知らずの治療の時に麻酔がなかなか効かず、追加で歯茎に何度も注射を打たれた経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

    下顎の奥歯はもともと麻酔が効きにくい場所で、浸潤麻酔が奏功しないケースでは浸潤麻酔をやみくもに追加するのではなく、伝達麻酔を行うべきと個人的には思っています。

    ただし伝達麻酔は歯科医師であれば誰でもできるというわけではありません。

    また、血液をさらさらにするお薬を飲んでいる方にはできませんし、2時間くらいは舌も唇も痺れますので、治療後すぐにお仕事をされる方にもあまりオススメできません。

    当院では浸潤麻酔が効きにくい方に伝達麻酔を準備してありますので、治療に際して不安のある方はお気軽にご相談ください。

03-6379-1185

業者様専用ダイヤル(診療予約不可):
090-9950-0885

平日  
09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝 
10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)

診療時間

〒168-0064 東京都杉並区永福4-1-4
永福ランドビル1F

京王井の頭線・永福町駅 徒歩 1

駐車場完備(所在地はコチラ)
首都高速4号新宿線「永福出入口(IC)」より5分